金沢の定番みやげ

金沢といえば、兼六園をはじめ、武家屋敷跡や美術館など、見所がたくさんあります。新幹線の格安ツアーで、楽しんだ後には、思い出としてお土産を買って帰りましょう。
金沢の定番のお土産といえば和菓子や伝統工芸品が有名です。見てしまったらどれも買いたくなるような素敵な品ばかりですが、代表的なお土産を紹介してみましょう。
有名な「中田屋」のきんつばは、大粒の北海道産大納言の小豆を使い、こだわって作られています。味や食感が素晴らしく、小豆本来の自然な甘さを堪能できる逸品です。
金沢で作られている人形「加賀八幡起上り」をモチーフにして作られた金沢うら田の「加賀八幡起上もなか」は鮮やかな赤のパッケージに包まれており、石川県産のもち米から作られたパリパリの皮で吟味された粒感のある小倉餡をはさんだ最中です。縁起が良く可愛いお菓子として人気があります。
京都と並んで麩の産地として知られている金沢の加賀麩は、古くから保存食として愛用されてきました。そのお麩を使った不室屋の「宝の麩(お吸い物最中)」も日持ちのするお土産として人気があります。お湯を注ぐと最中の中から花麩屋野菜が出てきて、見た目にも可憐で上品なお出汁の匂いがする極上の吸い物をお手軽に作ることができます。
まだまだ、たくさんの魅力的なお土産がある金沢ですが、新幹線を格安で利用することによって余裕ができた予算でお土産巡りを楽しんでくださいね。